/

この記事は会員限定です

「失われた20年」目標未達の歴史

[有料会員限定]

デジタル庁が掲げる「行政のデジタル化」は20年間、日本が取り組み続け、失敗を重ねてきた歴史だ。2000年の森喜朗政権でIT基本法が成立し、翌01年に「e-Japan戦略」を定めたことが源流にある。

同戦略は5年間で世界最高水準のインターネット網整備を掲げた。03年までに「国の全行政手続きのオンライン化」を目指し「行政のワンストップサービス実現」も明記した。

05年までにネット網は整備できた。とこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン