/

この記事は会員限定です

(ディスクレビュー)交響曲をピアノ7台で 構造美示す労作 岡城千歳「スクリャービン:プロメテウス、火の詩」

[有料会員限定]

岡城千歳「スクリャービン:プロメテウス、火の詩」(東京エムプラス) 岡城はマーラー「巨人」のピアノ版や、坂本龍一作品の演奏などで独特の存在感を発揮してきた。今作ではロシアの作曲家・スクリャービンの交響曲第5番「プロメテウス」を10年かけて自らピアノ版に編曲。なんと7台ものピアノ駆使しており、録音にも約4年をかけた。スクリャービン自身がピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン