/

この記事は会員限定です

ドーピング対策に注力 ロゲ前IOC会長死去

五輪改革道半ば

[有料会員限定]

国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ前会長が79歳で亡くなった。2001年から2期12年にわたって第8代会長を務めた。13年9月にブエノスアイレスで開かれたIOC総会で「TOKYO 2020」のカードを手に東京五輪の開催決定を発表した姿は日本でも知られている。(社会面参照

前任は五輪の商業化路線を進めたファン・アントニオ・サマランチ氏、後任は現在のトーマス・バッハ会長。ワンマンで強権...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン