/

この記事は会員限定です

信越化学が磨く「少数精鋭経営」

1人当たり営業益、5年で5割増 理論株価は1割高

[有料会員限定]

信越化学工業の株価に上昇余地が見込めそうだ。半導体の調整局面入りや中国需要の反動減などが嫌気され、足元こそ軟調だが、試算したフェアバリュー(理論株価)は実勢より1割以上高い。社員一人ひとりが効率的に利益を生む「少数精鋭経営」に磨きがかかっていることを踏まえると、経営環境が不透明な今だからこそ資金が向かう可能性がある。

半導体シリコンウエハーのシェアが世界首位の同社は半導体関連株とみられやすい。半導体は高すぎる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン