/

この記事は会員限定です

電気料金、5年で10%上昇 自由化の恩恵乏しく

化石燃料への依存響く 競争環境の検証必要

[有料会員限定]

2016年4月に電力小売り全面自由化が始まって5年半。700社超に膨らんだ新電力は大手電力の寡占構造を崩したが、主要4電力の電気料金は平均で10%超上がり、消費者に恩恵が及んでいない。化石燃料への依存が続き燃料高が影響している面があるものの、地域独占を引きずる商習慣が健全な競争を妨げていないか検証する必要がありそうだ。

東京電力ホールディングス関西電力中部電力九州電力の小売部門が毎月公表する家庭向けの電気料金の推移をまとめた。21年9月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン