/

この記事は会員限定です

セブンも値引き自由に

公取委指摘に対応、商慣行の転換点

[有料会員限定]

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは、売れ残り商品を店の判断で自由に値引きできるようにした。従来は事前申請など煩雑な手続きを課し、結果として値引きをためらわせていた。公正取引委員会が値引きを事実上制限している可能性があると改善を求めていた。

廃棄コストを負担してきた店舗の収益の改善要因となる。食品ロスの削減も見込める。2万店以上を擁するセブンが姿勢を変えたことは業界の商慣行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン