/

この記事は会員限定です

(社説)転換期迎えた後発薬促進策

[有料会員限定]

新薬の特許が切れた後に製造される後発医薬品の使用を促す政策が転換期にきている。後発品がある薬のうち実際に後発薬が使われた割合は2020年9月時点で78.3%となり、政府目標の80%をほぼ達成した。だが医療費抑制の観点では課題があり、足元では供給不足の問題も浮上している。

後発薬は先発薬と有効性や安全性が同じだが、研究開発費が小さいので保険診療で使う際の薬価は割安になる。医療の質を落とさずに医療費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン