/

この記事は会員限定です

認知症新薬、米で承認審査に疑義 採用は想定の4割弱

エーザイとバイオジェン誤算 公的保険適用カギ

[有料会員限定]

米バイオジェンとエーザイが実用化したアルツハイマー病の新薬採用を巡り、米医療界が割れている。6月に米当局の承認を受けたが、病院ネットワーク大手が相次いで不採用を発表した。採用した医療機関の数は当初想定の4割弱にとどまる。新薬承認の審査手続きを上部機関の米保健福祉省が調査する異例の展開となっており、両社には誤算だ。

「立ち上がりのペースは想定より遅い」。7月半ば、バイオジェンの4~6月期決算発表の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン