/

若手育成、VC業界の課題に 人材の「好循環」構築

スタートアップ投資、米中に後れ 1面から続く

[有料会員限定]

木村亮介氏はインキュベイトファンドに入社した後は赤浦徹氏のもとで徒弟的に指導を受けながら、月面探査のispace(アイスペース、東京・中央)が100億円を調達する際の支援などに携わった。やがて赤浦氏から「ファンドから始めてみないか」と提案を受けた。

赤浦氏自身は、新卒で日本合同ファイナンス(現ジャフコグループ)に入社し投資業務に従事した。米国のベンチャーキャピタル(VC)は個人が起業家とパートナーシップを結び責任...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン