/

この記事は会員限定です

ユーロ失速、一人負け

揺らぐ景気楽観論、ドル・円に資金待避

[有料会員限定]

ユーロが失速している。主要3通貨間でみると対ドルで年初来安値圏に沈み、夏場以降は対円でも下落基調が鮮明。新型コロナウイルスの感染再拡大や中国の規制強化で世界経済の先行きに不透明感が漂い、リスク回避通貨とされるドルや円に投資マネーが還流している。コロナ後の景気回復は「米欧先行・日本停滞」と指摘されてきたが、主要通貨ではユーロの一人負け傾向が際立ってきた。

ユーロは2020年春のコロナショック以降、巨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン