/

この記事は会員限定です

中国でもデルタ型、世界揺さぶる

[有料会員限定]

唐時代の8世紀以降、中国東部の寧波港(浙江省)は貿易港として栄えていた。第1次アヘン戦争が終わった1842年には、南京条約で他の4港とともに開港が求められた。

2015年に近接する舟山港と合併し、21年上期には貨物取扱量で世界首位になった。最近、寧波の自由貿易区を3日間かけて見学した80人の学生グループは、寧波市当局が「圧倒的」とうたうこの港の威容ぶりに目を見張った。

しかし8月11日、寧波港でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン