/

服のECに黒衣のコーデ

販売員の貢献評価やサイズ提案 店・メーカー 共栄へ基盤

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下でアパレル各社が電子商取引(EC)の売り上げを伸ばしている。服のサイズが分かりづらい、お店のように試着できない、販売員のアドバイスが聞けない……。ECを進めるハードルとなっていたアパレル特有の課題を解決するサービスが相次いでいることが背景にある。アパレルECを支える黒衣(くろこ)企業のベールの奥を探る。

駅ビル「ルミネ北千住」(東京・足立)にあるアパレルブランド「SHENER...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン