/

この記事は会員限定です

日本企業、ワクチン強制接種に慎重

法制度理由に

[有料会員限定]

世界で新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)が猛威を振るうなか、従業員に対しワクチン接種をどこまで求めるかが、正常化に向けた論点となっている。米国では有力企業が相次いで義務化を表明しているが、法制度が異なる日本企業は距離を置いている。(1面参照

日本経済新聞社が8月中旬、接種義務化について聞いたところ、回答した全18社が否定した。日産自動車オリンパスなどが「義務化は考えていない。個人の意思...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン