/

この記事は会員限定です

伝統守る異文化との融合

[有料会員限定]

茶の湯と外国文化を融合させることで日本の伝統を守る――。そんな思いから生まれたのが「わび茶」ならぬ「ラビ茶」だ。パートナーとなったのは厳しい戒律のあるユダヤ教。共通する「おもてなし」の心を手掛かりに、担い手が減りつつある伝統文化を広げていこうという取り組みが始まった。

6月1日、イスラエル中部の町クファル・ハバッドでユダヤ教指導者ラビであるモルデハイ・グルマフさんは器用な手つきでお茶をたて、参加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン