/

この記事は会員限定です

木田屋商店、中国で植物工場を運営

サラダ向け需要開拓

[有料会員限定]

スーパーを展開する木田屋商店(千葉県浦安市)が多角化のために手掛ける植物工場で中国に進出した。日本の直営3工場などで独自に培った高効率運営などのノウハウを生かし、現地のサラダ向けなどの需要を掘り起こす。国内外で技術協力を含む事業の拡大を目指し、将来のアフリカ進出も構想している。

香港に設けた子会社を通じ、広東省の開発事業者と共同出資会社を設立。2020年9月に、同省にある建屋(延べ床面積6000平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン