/

この記事は会員限定です

投信の為替ヘッジ リスク抑制目的で活用

ファイナンシャルプランナー 高橋忠寛さん

[有料会員限定]

最近、資産運用を始めました。投資信託を選ぶ際に為替ヘッジがあるタイプとないタイプで迷いました。そもそもどのような違いがあり、どう使い分けたらよいのでしょうか。

海外の株式や債券などで運用する投信の場合、間接的に外貨建て資産を持つことになるので為替相場の変動も運用成績に影響します。例えば1ドル=100円の時に米国株で運用する投信を1万円分、購入したとします。仮に株価水準が購入時と同じでも、1ドル=...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン