/

奈良発・昌和莫大小の「OLENO」

コスト低減より技術磨く

[有料会員限定]

全国有数の靴下産地である奈良県広陵町に、陸上など東京五輪の代表選手からも強く支持される道具がある。創業86年、昌和莫大小(しょうわめりやす)のスポーツ靴下のブランド「OLENO(オレノ)」だ。先端素材を惜しみなく使い、選手の激しい動きを支える。苦境にある地場産業に、新たな輝きを生んでいる。

入門品「アルティメットソックス」(2750円)に足を滑り込ませると、指以外に着圧がかかり、足裏のシリコンラバ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン