/

この記事は会員限定です

米、アフガン撤収堅持 「外交で人権確保」

バイデン氏、戦況見通しの甘さ認める

[有料会員限定]

イスラム主義組織タリバンがアフガニスタンの首都カブールを制圧したことについて、バイデン米大統領は16日の演説で米軍の撤収を堅持する方針を示した。現地が混乱を極めるなか、各国首脳はアフガン情勢を協議するとともに、難民や女性の人権保護などの対策に動き始めた。(関連記事総合面に

バイデン米大統領は16日の演説で「(米国の)アフガニスタンでの任務は国家の建設や中央集権的な民主主義の構築ではない」と強調し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン