/

この記事は会員限定です

異例豪雨、大気の流れ停滞 梅雨末期に近く

死者4人・不明5人、42河川で浸水被害

[有料会員限定]

日本の広い範囲が記録的な大雨に見舞われている。インド洋東部など熱帯海域の高い水温、上空の偏西風の大きな蛇行などの複合要因で「梅雨末期の豪雨」に近い形が続いているためだ。長期的な温暖化の影響もあるとみられる。20日ごろまでは各地で大雨の恐れがあり、九州、中四国などに加えて東北など北日本でも警戒が必要だ。(関連記事を社会2面に

大雨に伴う土砂災害などで少なくとも4人が死亡、5人が行方不明となってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン