/

この記事は会員限定です

異能のストライカー ミュラーさん死去

W杯計14得点

[有料会員限定]

今年5月、ミュラーの偉業に光が当てられた。バイエルン・ミュンヘンの後輩でポーランド代表のレバンドフスキが、ミュラーの持つブンデスリーガ1シーズン最多得点(1971~72年の40得点)を昨季最終戦で41に塗り替えたからだ。抜いた側も抜かれた側も恐るべき数字だろう。社会1面参照

レバンドフスキが万能なら、ミュラーは異能のストライカーだった。決定力の高さ(一例が代表62試合で68得点)から「爆撃機」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン