/

この記事は会員限定です

新光商事、総会で可決の議案無効に

文言の不備で

[有料会員限定]

半導体商社の新光商事は16日、6月の定時株主総会で可決された議案の一部が無効になったと発表した。公告の方法を定める定款を変更する内容の文言に不備があった。法務局から指摘があった。2022年に開く次の定時総会で改めて提案する。

無効となったのは、定款を変更する第2号議案のうち、公告の方法を日本経済新聞での掲載から電子公告に変更する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン