/

この記事は会員限定です

EU 移民・亡命政策の二重基準

[有料会員限定]

イラクの首都バグダッドを出発し、ベラルーシの首都ミンスクに到着するイラク航空IA271便は驚くほど混んでいた。中東の政情不安国と欧州辺境の独裁国をつなぐ飛行時間4時間の同便は今夏、搭乗者が急増し、2021年初めの週1便から7月には週4便に増便されていた。

運良く航空券を入手できた乗客はミンスクの空港に降り立つと、欧州連合(EU)域内での新たな生活に期待を膨らませ、同加盟国リトアニアとの国境へとまっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン