/

この記事は会員限定です

テロとの戦い、転換点に

[有料会員限定]

反政府武装勢力タリバンがアフガニスタンで再び政権を掌握することが確実になった。2001年の同時テロを引き起こしたとされるウサマ・ビンラディン容疑者の引き渡しを拒否し、米国などからの攻撃を受けて政権を失ってから約20年。米国は再びタリバンの台頭を許すことになった。米国のテロとの戦いは大きな転換点を迎えた。

タリバンは1994年に神学生を中心に発足したイスラム原理主義組織だ。96年にカブールを制圧し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻りました。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン