/

この記事は会員限定です

7県14河川で氾濫

大雨特別警報、九州3県・広島に

[有料会員限定]

停滞する前線の影響で列島の広い範囲で大雨となり、気象庁は14日、佐賀、長崎、福岡、広島の4県に大雨特別警報を発表した。総務省消防庁の午後0時半時点の集計によると、大雨・洪水警戒レベル(5段階)で最も高く、直ちに命を守る行動を求める「緊急安全確保」が4県で約65万世帯、約142万人に出た。その後長野、岐阜、島根各県でも発令された。(関連記事を社会面に

国土交通省によると7県の計14河川で氾濫が確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン