/

この記事は会員限定です

琉球と中国のかんきつ交配

沖縄のシークワーサーの起源

[有料会員限定]

沖縄科学技術大学院大学のダニエル・ロクサー教授と杉本親要博士らの研究グループは米ローレンス・バークレー国立研究所などと共同で、沖縄県特産のかんきつ類のシークワーサーが琉球列島と中国原産のかんきつの交配で誕生したことを突き止めた。観賞用のかんきつであるタチバナも同じように生まれたという。かんきつ類の品種改良にも役立つ研究成果だ。

沖縄のシークワーサーや本州のタチバナは古くから食用や観賞用で親しまれて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン