/

この記事は会員限定です

調達網の人権侵害排除

花王や塩野義が取引先調査、世界基準に官民で対応

[有料会員限定]

強制労働などの人権侵害がサプライチェーン上でないか、日本企業が取引先の調査を強化する。花王は化粧品や洗剤に用いるパーム油原料の農園数百万カ所を調べてシステム上で管理するほか、塩野義製薬も製薬材料などの生産現場の調査を年内に始める。人権保護で後手に回れば販売への影響は必至。ブランドも毀損しかねないだけに、政府も企業の人権対応の取り組みを促す。(関連記事ビジネス2面に

花王は2021年後半からインドネシアで現地企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン