/

この記事は会員限定です

最低賃金、目安超え7県

引き上げ額最高、地域格差は縮小

[有料会員限定]

47都道府県の2021年度の最低賃金額が12日、出そろった。40都道府県が国の目安通りに28円上昇を決め、全体の15%にあたる7県はそれを超える金額を引き上げる。地域ごとの差は最大221円のままで変わらず、最高額に対する最低額の割合でみる格差は縮小する。

最低賃金は企業が従業員に支払わなければならない最低限の時給を示す。年1回、厚生労働省の審議会が都道府県を物価や経済状況に応じて分けた4ランクごと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン