/

(中本千晶のレビューれびゅー) 「森 フォレ」「反応工程」が見せた優しさ

作品世界にいざなう相関図

[有料会員限定]

この夏の演劇界は相変わらずコロナ禍の制約の中で公演が続けられている。それでも刺激的な舞台にいくつか出会えたのは心強いことだ。

中でも、世田谷パブリックシアターの『森 フォレ』と、新国立劇場小劇場の『反応工程』は作品そのものの密度の濃さもさることながら、観客へのちょっとしたサービスが心憎い公演だった。

世田谷パブリックシアター『森 フォレ』は、レバノン出身で現在はフランスで活躍する劇作家ワジディ・ム...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン