/

この記事は会員限定です

サイバー捜査、国主導で

警察庁、来年度に直轄隊を新設 都道府県超え国際連携

[有料会員限定]

1995年6月21日、羽田空港を飛び立った函館行き全日空機が男にハイジャックされた。当時、本格的なハイジャックに対応できる部隊を持つのは警視庁と大阪府警だけ。警察庁は警視庁に、部隊の派遣を要請する。

後に特殊急襲部隊(SAT)と名付けられる隊員たちにとっては、連日の訓練の通りであったろう。闇にまぎれて機体の下にすべり込み、はしごをかけ、外から扉を3カ所外す。いよいよ突入――。だが機内へ踏み込んでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン