/

この記事は会員限定です

薄れるコロナ警戒感

名古屋・栄の人出1割増 人流抑えられず

[有料会員限定]

愛知県に8日、3度目の「まん延防止等重点措置」が適用された。「慣れてきた」「行動の変化はない」。県民には措置が繰り返されることによる「自粛疲れ」が広がり、昼の繁華街の人出はむしろ増加した。一方で午後8時までの時短営業や酒類の提供自粛が求められる夜の飲食店は急速な売り上げ減に見舞われている。

愛知県にまん延防止が適用されて初の週末。名古屋市・栄の久屋大通は買い物袋を両手に提げて歩く家族連れや若者の姿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン