/

この記事は会員限定です

コメ先物、展望なき終幕

価格決定、JAは主導権譲らず

[有料会員限定]

大阪堂島商品取引所で10年続いてきたコメ先物取引が終わることになった。コメ相場の先行指標性やコメ流通の多様化を担う役割を期待されながら全国の生産者や需要家を十分に取り込めないまま終幕するさまは、米価の透明化の難しさなどを改めて浮き彫りにした。消費者不在のコメ相場はどこへ向かうのか。

「米価の指標をつくる可能性が消えてしまうことに暗たんたる思い」。コメ先物廃止を聞いたコメ卸の社長は肩を落とした。卸売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン