/

この記事は会員限定です

自動航行船で離島に日用品 エイトノット、広島で実験

新たな生活インフラに

[有料会員限定]

自動航行船を開発するスタートアップのエイトノット(堺市)は9月、離島の住民に日用品を届ける実験を広島県大崎上島町で始める。カメラや高性能センサーで障害物を検知してよけ、自動で着岸する。人口の少ない離島ではスーパーがなく、住民が他の島まで買い出しに行くこともある。自動航行船を新たな生活インフラにすることを狙い、技術課題をクリアにする。

大崎上島で数キログラム分の日用品や食料品を船に積み込み、約2キロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン