/

この記事は会員限定です

薬局の「ヒヤリ」を分析

京大とシステム共同開発

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発のエクサウィザーズ(東京・港)は京都大と連携し、薬局で起きた薬剤の取り違えなどのうち、再発防止策が必要な事例を抽出するAIシステムを開発した。独立行政法人「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」で実用化する計画だ。

AIには薬局で過去に起きた「ヒヤリ・ハット」の事例と、薬の効能や副作用のデータを読み込ませ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン