/

この記事は会員限定です

みずほ、排出枠売買を企業に仲介

脱炭素へ世銀と

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループは世界銀行グループが管理する温暖化ガス排出枠(カーボン・クレジット)を企業が購入できる仕組みをつくる。世銀が環境保全プロジェクトから取得した排出枠を買うことで、企業は温暖化ガスの削減量を積み増せる。投資家が厳しい視線をそそぐ脱炭素目標の達成に向け、排出枠の調達先を増やす。

みずほは近く、世銀グループの国際金融公社(IFC)と業務提携する。IFCは森林保護など複数の環境プロジェクトを通じ排出枠を保有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン