/

この記事は会員限定です

グリーンアルミ広がる 再生エネで製造、CO2抑制

アップルやBMW採用

[有料会員限定]

世界的に脱炭素の流れが進む中、二酸化炭素(CO2)排出が少ない電力や製法で造る「グリーンアルミニウム」の市場が拡大している。資源各社が開発を進め、米アップルや独BMWなど大手メーカーで採用が進む。環境意識が高い消費者への訴求だけでなく、炭素税など将来的な規制強化への対応もにらむ。プレミアム(割増金)を払って調達する動きもある。

英豪資源大手のリオ・ティントと米アルコアの合弁会社であるエリシスは、C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン