/

この記事は会員限定です

選手の帰国前、未来へ縁紡ぐ 五輪ホストタウン

感染対策し交流 綱引き・文化紹介、心ふれあう時間

[有料会員限定]

東京五輪で競技を終えた選手らが帰国前、全国のホストタウンで自国文化の紹介や競技の実演などを通じ市民との交流を重ねている。来日して14日間は原則、行動範囲が練習会場や宿泊先に限られるなど競技前は難しかったが、競技後に新型コロナウイルス対策をとった上で市民と親交を深めている。「大会後の貴重な機会を活用したい」と各自治体は五輪が紡いだ縁をつないでいく考えだ。

理想と違っても

「得意技は何ですか?」。子どもたちが質問した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン