/

この記事は会員限定です

雇用カルテル 米が摘発

賃金調整や人材引き抜き制限

[有料会員限定]

米国の競争規制の強化が雇用分野にも及んできた。米司法省(DOJ)は賃金と人材引き抜きに関するカルテルを相次いで摘発。2016年に示していた「雇用カルテル」の指針が、初めて実際の取り締まりに反映した。雇用分野での企業間の擦り合わせ行為に、より厳しい目が注がれる可能性が高まっている。

DOJは20年12月、理学療法士などの賃金を低く抑えるよう他社と共謀したとして、米ヘルスケア企業の元オーナーを刑事訴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン