/

(中国人消費SNS分析) コロナ禍でも日本に高い関心

熱が冷めないよう発信継続を

[有料会員限定]

日本各地の観光地からインバウンド(訪日外国人)客の姿が消えてすでに1年以上が経過している。インバウンドビジネスも、長い雌伏の時が続いている。新型コロナウイルスの流行前の2019年に中国人観光客は約960万人に上っていた。

トレンドExpressは、将来のインバウンド需要を予測すべく、国内観光、海外観光、訪日観光および海南島観光に関する口コミ簡易分析を実施した。

期間は20年7月から21年6月の直...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン