/

この記事は会員限定です

グローバル教育と政治(4)留学、ピークから3割減

米への学生、中印韓越が逆転 費用負担や就活が重荷

[有料会員限定]

「留学生交流の継続や再開に向けた取組を支援する」。政府の教育再生実行会議が6月にまとめた提言は新型コロナウイルスによる留学への影響に配慮する必要性を強調した。留学生の減少傾向が加速すれば、語学力や異文化経験を積んだグローバル人材の育成が滞りかねない。

萩生田光一文部科学相は7月13日の記者会見で「夏に渡航する留学予定者がチャンスを失わないよう接種を進めたい」と述べ、ワクチン接種を支援する考えを示し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン