/

この記事は会員限定です

余剰ワクチンと接種希望者 自動仲介で無駄なく

システム開発のアルカディア まず福岡・沖縄の病院に

[有料会員限定]

医療系システム開発のアルカディア・システムズ(大阪市)は、新型コロナウイルスのワクチン接種を実施する医療機関向けに、キャンセルが出た場合、自動的に希望者とマッチングしてスムーズに接種できるシステムを拡販する。5日からまず福岡東ほばしらクリニック(福岡市東区)などに導入し、2021年中に全国で1000施設への拡販をめざす。ワクチンの供給不足が続くなか、余剰ワクチンの発生を減らし、接種率向上につなげ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン