/

この記事は会員限定です

企業、独自の開示を模索

アシックス、女性比率など「非財務」拡充

[有料会員限定]

気候変動対応や人権への配慮、経営陣の多様性確保といった「非財務」の情報を積極的に開示する企業の市場価値が高まりやすくなっている。

アシックスは6月23日、同社初の統合報告書を公表した。決算資料などに記載する営業利益など「財務指標」の目標に加え、二酸化炭素(CO2)排出量の削減率や女性管理職比率といった「非財務指標」の目標や、達成に向けた計画を記載した。

株価は翌24日から3日続伸して計245円(10%)上昇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン