/

この記事は会員限定です

「巨大ITの監督強化急務」

BIS提言、金融事業急拡大で

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】世界の中央銀行でつくる国際決済銀行(BIS)は2日、巨大IT(情報技術)企業の金融事業について当局の監督や規制強化を提言する報告書を公表した。膨大な利用者やデータを持つ巨大ITが金融分野で急速に存在感を高める可能性を指摘した。金融安定上のリスク要因になりうるとして「中央銀行や金融規制当局は監督と展開の把握が急務だ」と強調した。

報告書は「金融におけるビッグテック規制」と題し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン