/

この記事は会員限定です

寺内、準決勝に進出

40歳、6度目の五輪「一番自分らしく飛べた」

[有料会員限定]

男子板飛び込み 男子板飛び込みの予選で、6度目の五輪出場となる40歳の寺内健(ミキハウス)が430.20点で10位となり、上位18人による準決勝に進んだ。

シンクロ板飛びを制した19歳の王宗源(中国)が531.30点のトップで通過した。

これが五輪6度目となるベテランのなせる技か。格上の選手が次々と板を踏み外しても、40歳の寺内は最後まで大きなミスなくまとめきった。「ここ2~3回の五輪で一番自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン