/

この記事は会員限定です

5大銀、コロナ損失歯止め 4~6月純利益2.1倍

与信費減少、戻り益は「K字型」に

[有料会員限定]

国内大手銀行5グループの2021年4~6月期決算が2日、出そろった。合計の連結純利益は前年同期比2.1倍の9218億円だった。新型コロナウイルス禍に伴う取引先の経営悪化に備える費用(損失)が減ったためで、11年4~6月期以来、10年ぶりの高水準となった。業績悪化には歯止めがかかったが、合計の本業のもうけは減っており、費用の減少も企業活動の回復が二極化する「K字型」を映す結果になった。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FGみずほFG三井住友トラスト・ホールディングス(HD)、りそなHDの5グループ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン