/

この記事は会員限定です

〈グリーンメタルのいろは〉(1)銅 EVや再生エネ、用途広く

供給リスクで高値継続も

[有料会員限定]

銅は自然界に広く分布する金属だ。加工しやすい性質で、日用品や装飾具などとして最も古くから人類に利用されてきた。消費量は世界の経済発展を反映し、銅は世界の景気を読む「ドクターカッパー」とも呼ばれるようになった。

最近では脱炭素社会の実現に不可欠な金属、「グリーンメタル」の一つとして注目が集まる。最大の理由は銅の電気の通しやすさだ。19世紀に電気の利用が一般化すると、発電用のモーターや電線など様々な分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン