/

この記事は会員限定です

AI特許の審査基準を比較

日米欧中韓が作業部会、共通化も視野

[有料会員限定]

開発競争が加速する人工知能(AI)の特許を巡り、各国・地域で異なる審査基準の違いを整理し、共通化を進めようとする動きが出てきた。日本、米国、欧州連合(EU)、中国、韓国の特許当局のトップが協力を確認し、作業部会を設置した。機械学習などで進化するAIはどの段階で発明とみなすか判断しにくい。特許を出願しやすい環境を整え、公正な開発を促す。

作業部会ではまず審査基準の違いを比較調査する。そのうえで様式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン