/

この記事は会員限定です

強含む米経済、ドル高の風

理論値、今年に反転 新興国は対外債務懸念

[有料会員限定]

ドル高局面が再び訪れている。外国為替市場では米経済の急回復からドル買いが進む。政府債務が膨らんだことを反映して新型コロナウイルス禍で低下が目立ったドルの理論値は、2021年に入って上昇に転じた。理論値に並行する形でドル高が長期化すれば、感染が広がる新興国の苦境は深まりかねない。

米国の21年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率で6.5%増と、高い伸びを記録した。規模でみてもコロナ前の水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン