/

この記事は会員限定です

邦人帰国、目立つトラブル

陰性証明あるのに搭乗拒否 縦割り行政・独自様式の弊害

[有料会員限定]

【イスタンブール=木寺もも子、ジャカルタ=地曳航也】夏休みや新型コロナウイルスのワクチン接種のため日本に一時帰国する在外邦人が増えるなか、飛行機への搭乗や日本到着後の隔離施設などをめぐるトラブルが相次いでいる。原因として目立つのは日本行政の独自様式への固執やデジタル対応の遅れ、縦割りの弊害だ。

「この証明書では搭乗させられない」。7月上旬、山口県の経営者女性(48)はトルコの地方空港で航空会社職員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン