/

この記事は会員限定です

戸籍の氏名へ読み仮名追加、変更に家裁の許可必要

法務省検討

[有料会員限定]

法務省は戸籍上の氏名に読み仮名も載せる方針に関し、登録した読み仮名を変える場合は原則、家庭裁判所の許可を得る必要があるとする検討に入る。読み仮名選びでは公序良俗に反しないものや慣用的な漢字の読み方などに沿うよう求める案がある。

法務省の有識者研究会が8月中にも論点整理を示し、秋以降に法制審議会(法相の諮問機関)で戸籍法の改正などを議論する。戸籍に記載する氏名に読み仮名を追加する法改正により、名前の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り559文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン