/

この記事は会員限定です

マイナ保険証への対応1%未満 医療機関、準備遅れ

10月開始、デジタル化基盤整わず

[有料会員限定]

マイナンバーカードを健康保険証として利用できる制度が10月開始と迫るなか医療機関の準備が遅れている。29日までに専用機器を導入し対応可能となった施設は1664施設と全体の1%未満にとどまる。医療機関の対応にばらつきが生じれば、医療のデジタル化に向けた基盤整備が一段と遅れる可能性がある。

マイナンバーカードを保険証がわりにする「マイナ保険証」は、病院や診療所、薬局などの受付で患者が専用端末にカードを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン